ホーム >> 学校でのICT活用 >> 先生が積極的に -ICT教育の充実のために-

先生が積極的に -ICT教育の充実のために-

1.はじめに

 学校における情報機器やネットワークの整備は、特に小学校では学校間でまだまだ差が大きく、早急な充実が望まれる。また、整備されている学校でも必ずしも使いやすい環境になっていないところが多い。コンピュータ室があるから整備が済んでいるという認識はまちがっており、いかに児童生徒や教員の身近に利用できる環境があるかが重要なポイントである。せめて教室にコンピュータやプロジェクターを運んだり、スクリーンを取り付けたりしなくてすむ環境が必要である。
 しかしながらこれらの現状とは別のICT環境、すなわち利用する人の利用技術と意識にも問題がある。今の黒板とチョークの学習環境で問題を感じていなければ、ハード面での情報環境の整備は異なった世界のことになってしまうし、自ら要請をすることもない。ICT活用教育を積極的に提唱する人の声も他人事になってしまう。
 ICTの利用技術の問題については、急速な技術革新のためそのような教育を受けることができなかったことが原因ではあるが、これは仕方のないことで、教員だけでなく、若者以外のすべての人にあてはまる。利用技術の習得は学校や企業なためだけでなく、自分自身が情報社会で生きて行くための手段であるから、自らのライフワークとして挑戦する必要がある。
もう一つのICT活用教育に対する意識の問題が、一番大きな問題である。生徒指導をはじめきわめて多忙ではあるが、授業方法の工夫や、個に応じた教育の推進など教授法の改善に積極的でないため、あるいはICTとは別の方法で工夫されているため、ICTの活用教育に関心がなく意識が低いことである。
 もちろん教授法の改善は様々な方法があるが、ICT活用は、それを実現できる有効な一つの手段である。このことは今までの実践や研究で明らかになっておりICT活用教育の有効性の理解を広め、教員の意識改革をしていく必要がある。これは、教育委員会や大学の研究者、学校長、ICT活用教育を実践している教員の責務でありCIOを積極的に機能させる必要がある。

2.校務処理とICT

 デジタル化の持つ意味・意義は大きい。テストや教材をガリ版で作った時代が懐かしいが、タイプライターになりワープロになりパソコンと変遷してきた。パソコン以前の時間をかけて作った貴重なテストや教材は影も形もない。残っているとすれば作成した教員の頭の中である。パソコンを使い始めたとき、以前からのパソコンがあれば、今までのものが蓄積され、若干修正したり、組み合わせを変えたりして再利用でき、こんなに苦労しなくてすむと思ったことがある。
デジタルデータの持つ特徴は、文字情報や数値、画像、映像などを一元化でき、劣化せず、再利用が可能で、コピーも簡単で、ネットワークを介してもやり取りができる。修正して再利用ができるということは、単に楽になったというのではなく、授業における計画・実行・評価・改善のプロセスに多大な寄与してきた。
 また、ネットワークによるデータのやり取りは、情報や資源の共有が可能になり、共同による作業おも可能にした。よく考えると、私たちは情報技術の進展で大きな恩恵を受けてきている。
 文部科学省の学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(平成19年度)によると、教員のICT活用指導力の状況のなかで、「教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力」については、「わりにできる」「ややできる」を合わせると、71.4%と比較的他に比べると高い数値になっている。
このことからも現在では、ほとんどの教員がパソコンの文書処理程度は使いこなせて試験問題の作成などに使われたり、インターネットで教材調べをしたり、準備された教務関係のシステムにデータを入力したりしており、ICT環境の必要性は当然だと思っている。しかしこの域を出ていなく相変わらず、職員室は紙メディアであふれているのが現状である。
 一例であるが、教職員の学内の連絡はすべて連絡用の電子掲示板でおこなったり、文書も印刷して配るのではなくデジタルデータのまま配布したりすることも簡単である。 必要なときにいつでも見ることができるので、余分な紙メディアは減少する。家庭とイントラネットで結べば、鞄の中にしまって持ち歩くこともない。生徒の個人情報を紛失してしまうこともない。
 このようなことを実現していくためにも、教員がICT利用技術をさらに身につけ、ICT環境の整備を進めてほしいという声を積極的にあげる必要がある。環境が与えられたら使うというのでは、環境整備は徐々にしか進まないであろう。

3.学習指導とICT

 学校ではICTが真価を発揮できるのは学習指導での利用である。デジタル化された教材は、先生間の共有だけでなく、ネット上に置けば子どもたちはいつでも家庭からでも閲覧することができる。動きのある教材やシミュレーションなど、黒板だけでは説明しにくかったものもICTの技術を借りれば作ることができる。一人で多人数を教える先生にとって、個々の子どもにあった教材を準備すればコンピュータは助手の代わりにもなる。大学で導入が進んでいるe-Learningは、まさに時間と場所を選ばない、そしてICTを活用したトータル的な学習システムである。
 しかし、文部科学省の教員のICT活用指導力の状況の調査結果のなかで、「授業中にICTを活用して指導する能力」については、「わりにできる」「ややできる」を合わせても、55.2%と他の項目に比べて低い数値になっている。あまりにも急激な変化に、教員は若干期待を持ちながらも、学習でのICT活用には、戸惑っているのが現状であろう。
 教室ではプロジェクターを用いてプレゼンテーションツールによる授業がよく行われるようになった。教材作成の準備には工夫と時間がかかるが、あらゆるメディアを統合して表示できるし、工夫した提示ができる。すぐに使える環境があれば優れものである。
 ただ、黒板とチョークの変わりに従来の授業をプロジェクターで行っても子どもたちにとって最初は新鮮に感じるかもしれないが効果は長続きしない。かえって黒板のほうが、先生の動きやチョークで書く音など、臨場感がある場合もある。ICTの活用で一番大切なことは、考えさせる授業、知識の伝達のみでなく、学びのプロセスのある授業に有効である。このように書くと使うことに躊躇する先生が増えてしまうので、私は難しく考えないで、とにかく使い始めることを勧める。使いながら問題点やより効果的な使い方を模索すればよいのである。もちろん多くの実践事例は参考にしたほうがよい。
 コンピュータ室が空いておれば、子どもたちの自己学習の道具としても使ってみてほしい。もちろん教材を作る苦労と技術は必要であるが、子どもたちに自ら学ぶ力をつけることも大切である。教室に数台のコンピュータがあれば、コンピュータを助手としてグループ学習や習熟度に応じた学習を試みてほしい。
 また、学校間や学校と大学・企業間などでテレビ会議による交流や学外授業、大学などと連携してe-Learningの遠隔授業を子どもたちに体験させてほしい。

4.おわりに

 ここまでICTの活用について述べると、環境がないとか、使える教育用ソフトがないとか、教材作成のためのコンピュータ技術がないとのお叱りを受けるかもしれない。でも前向きの姿勢で「こんな環境がほしい」、「こんな教育用ソフトがほしい」、「コンピュータを教えてほしい」という先生一人ひとりからの要求がでることを期待している。それがICT活用教育の大きな推進力になると思っている。
 今、高度情報時代にふさわしい新しい教育方法を模索し確立しないと学校教育は社会から信頼を得られないだけでなく、見向きもされない教育の場になってしまう可能性がある。
 もちろんICTの活用教育がすべての問題を解決してくれるものではない。影の部分にも注意を払いながら、認知心理学的なアプローチ、社会科学アプローチなどいろんな手法と融合させて情報社会に応じた教育改革が学校の先生自身から湧き上がることを期待する。




 >>次へ 学校経営における情報化推進の意義と必要性