ホーム >> マイクロワールドの世界 >> どんなことができるのか

どんなことができるのか

表現力豊かなお絵かきツール

お絵かきツールとしてもペイント機能豊富なライブラリーが用意されています。また、静止画だけでなく簡単な命令でアニメーションができ動的な画面が作成できます。

豊富なマルチメディア機能

イラスト、静止画、音楽、音声、映像などのマルチメディアを1つのページ上に統合したプロジェクトを作成することができます。

プログラミング機能

マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された教育用言語ロゴ(Logo)が基本機能として備わっており、日本語のコマンドを使うことができますので、理解しやすく、思考力を伸ばしながら、プログラミングの体験や基礎を学ぶことができます。 また、タートルグラフィックスだけでなく、ざまざなマルチメディア機能をプログラムで操作できるので、アニメーション制作やマルチメディア作品制作を通じて、楽しみながらプログラミングの基本を学ぶことができます。

プレゼンテーション機能

マイクロワールドEXでは、ページという概念があり、ページごとにさまざまな機能を使って作品を作ることができます。ページの切り替えがボタンでできるので、動的なプレゼンテーションツールとしても効果を発揮します。

作品をWebサイトで公開できる

 HTML保存機能があり、閲覧するためのプラグイン「WEB Player」をインストールすれば、マイクロワールドEXがなくても、作成したものをWebブラウザで閲覧できます。 「WEB Player」は無料でダウンロードできるので、教材として作成したコンテンツを、授業で利用したり他の学校で利用したりすることができます。また、動的なWebページや対話型のWebページを簡単に作成したり、メールに添付して交換したりするなど、情報の発信と交流をさらに楽しいものにします。

充実したヘルプ機能

 利用の手引き、ロゴのプログラミング、基本用語の検索、エラーメッセージなど詳しいヘルプ機能がついています。基本用語の検索では、命令ごとにその使用例やサンプル作品を掲載しています。利用の手引きはpdfでダウンロードできます。