セミナー詳細

FD研修(コース1) e-Learningの世界を体験 -学習者側と教員側の両者の体験をしよう-

 e-Learningによる授業の様子は、実際に使っている教員と学習者以外は覗くことができないため、どんなものなのか想像するしかありません。 この講座では、弊社のStudyRoomを使用し、e-Learningを支えているシステムの仕組みの概要と、授業のコンテンツ等をどのようにしてシステムに登録するのかを実際に実演して紹介します。そして、実際に学習者と教師になって、学習者側と教員側の両者の体験をし、どのようにコミュニケーションが成立しているのか、学習が成立しているのかを理解していただきます。

使用e-Learningシステム:StudyRoom(日本アイビルソフト株式会社)



FD研修(コース2) e-LearningのススメSTEP1 -実際に授業の前後で使ってみる-

e-Learningへの第一歩として、教室での一斉講義の形態は今のままで、事前・事後の課外での学習にe-Learningのシステムの一部を使うことをお勧めします。予習・復習などの課外での学習活動が可能になり、授業時間の十分な確保ができるようになります。その結果、充実した授業が出来るようになるとともに、学生が授業に積極的に参加するようになります。
 この講座は、日本アイビルソフト社のStudyRoomを半年間(一クラス分)無償で試用していただき、予習復習のための課題、小テスト、アンケートなどを実際に登録し、後期からの授業で実際に使えるようにするための準備をします。詳しくは、http://www.el-labo.jp/elearning_hop.aspをご覧ください。
 当日は、実際に後期から使ってみようと思われる科目の2回分ぐらいの資料などをご準備ください。大学に戻られてから継続して登録ができます。また、受講者の登録の作業は後日研究所でお手伝いします。

使用e-Learningシステム:StudyRoom(日本アイビルソフト株式会社)



FD研修(コース3) Webコンテンツの作成方法 -簡単ホームページの作り方-

 自分が蓄積している教材をWebページ(ホームページ)上に公開し学生に見せたいが、難しそうで躊躇している。そんな先生方が多いと思います。ワープロが使えるのなら、決して難しくありません。思い切って挑戦してください。授業のためだけでなく、ご自分のホームページも夢ではありません。
この講座では、Webページを作るためのオーサリングソフトを使って、ワープロ感覚でWebページを作る基礎を学びます。複雑なHTML言語を書いたりする必要はありません。
今回使用するソフトウェアは、フリーソフトウェアでUSBメモリーに入れて持ち歩け、どのパソコンでも使えるKompoZerを使用します。

使用ソフトウェア: KompoZer



情報教育研修(コース4) Logo言語で構造化的手法に挑戦 -大学の情報教育の基礎に-

タートルグラフィックスに代表されるlogo言語は子どものためだけのものではありません。大学や高等学校における情報教育の基礎としても有効な言語です。手順を組み合わせてひとつの目的物を作り上げる構造化的手法は、プログラミングの世界だけでなく情報社会で様々な問題を解決する手法に通じます。この手法が使えるようになると、ひとつの目的物を共同で作り上げることができるようになります。
この講座では、マイクロワールドEX1.1jを使い、大学や高等学校でのlogo言語による構造化的手法を意識した新しい授業展開について提案します。
なお、参加者の皆様には、マイクロワールドEX1.1jを研究用としてご提供します。

使用ソフトウェア:マイクロワールドEX1.1j



情報教育研修(コース5)realPlayerによるコンテンツ作成入門 -メモ帳で書くだけ-

 realPlayerは、動画を再生するプラグインだと思っておられる方が多いと思いますが、文字、静止画、動画、音声などのクリップをひとつの画面に統合して表示することができます。また、メモ帳でHTMLのように約束事を記述するだけで自由に扱うことができます。特別なアプリケーションソフトウェアは必要ありません。ですから、今ある情報環境で、マルチメディアコンテンツを作ることができます。また、ストリーミングサーバーがなくてもWeb上で見ることも可能です。
 この講座では、実習を通して各クリップの扱い方と、それらを統合して表示するSMIL言語について学習します。
 なお、さらに学習を深めたい場合は、本研究所のオンライン塾で遠隔学習(有料)ができます。

使用ソフトウェア:realPlayer Bacic(無料版)



情報教育研修(コース6)logoでコンピュータ制御に挑戦 -ディスプレイ上のカメを制御-

 コンピュータ制御というと、ロボットやロゴレゴなど外部の装置をコンピュータで制御するという発想が一般的ですが、ディスプレイ上に様々な条件を設定して、その条件によりカメを制御する方法も安価で有効な手段であると考えます。色を判別して線上を移動するカメや、信号による自動車の制御、自動車の走行支援道路システムなど様々なプログラミングが可能です。
 マイクロワールドEXでは、カメ自身に独立したプログラムを書くことであたかも人格を持ったロボットのように振舞うことが出来ます。また、スラーダー機能が使えますので、外部から条件を変更することも可能です。
 この講座では、中学校の技術領域の「コンピュータによる計測・制御」に 焦点を当てて具体的な研修をおこないます。マイクロワールドEXがなくても、 Web上に準備したNet版を使うことが出来ます。実際に授業で試用していただ ける共同研究者を募集しています。
「プログラミングと制御」教材キット        
使用ソフトウェア:マイクロワールドEX1.1j



FD研修(コース7)ケータイによるユビキタス学習支援システムの活用-授業支援システム「レクチャーエイド」の紹介-

 若者は、コンピュータより、いつでも、どこでも手軽に利用できるケータイを身近に感じ活用しています。このケータイを教員のパソコンとネットワークでつなぐことで、一斉授業における教員と学習者のコミュニケーションを高め、一斉授業を効果的におこなうことができます。また、授業の前後に予習や復習などを導入することで、授業時間を拡張し密度の高い授業を実施することもできます。
 今回紹介する「レクチャーエイド」は、日本アイビルソフト株式会社が開発したシステムで、学習教材の提示機能こそありませんが、他の機能は一般的なLMSとおなじです。
 この講座はでは、このシステムの運用方法と各機能を紹介すると共に、効果的な活用方法を提案します。また、実際に半年間(一クラス分)無償で試用していただくことができます。

詳しくは、http://www.el-labo.jp/lecture_aid.htmlをご覧ください。



ICT活用研修(コース8)メール一斉配信システムの活用-PortMailの紹介と管理者研修-

 現在、学校で必要性を感じられているのは、緊急時の連絡ですが、それだけでなく、日常の学校からの情報提供や学校と家庭・保護者とのコミュニケーションを円滑にすることが大切な時代になっています。
 今回紹介するPortMailは、次のような特徴を持っています。
  1)教員、学生、保護者の基本区分を持ちます
  2)配信したメールが確実に届くための仮登録から本登録へのプロセス管理ができる
  3)グループが任意に作成でき、クラスやクラブでの連絡ができる
  4)管理者の負担をなくすため、グループに配信などの権限を持った代表者の登録ができる
  5)ケータイからも配信ができる
  6)年度末に進級処理ができる
 この講座では、システムの機能の紹介と、データの登録から運用についてシステムの管理者に対しての研修をいたします。

 このPortMailは日本アイビルソフト株式会社が開発した製品で、ASPサービスとして安価で提供しています。来年度にむけた準備として、今年度は無料で利用していただけます。



情報教育研修(コース9)「動くフローチャート」-アルゴリズムの視覚化と検証システム-

 フローチャートはアルゴリズムを視覚的に表現するのに効果的ですが、 フローチャートが正しく動作するかどうかは、実際にプログラミングをしな いと検証できません。プログラミングをしながらアルゴリズムの検証をする場 合は、プログラミング言語の知識不足や記述ミスなどにより、アルゴリズム の学習なのかプログラミングの学習なのか、学習の目的が曖昧になってしま うことが多々見受けられます。そこで、画面上で部品を組み合わせて表現した フローチャートを、実際に実行させて検証するシステムを開発しました。
 準備した部品は、質問と回答入力、式、判断、値の表示、メッセージ表示 と接続線、合流線です。また変数は可視化して画面上に6変数を準備し、 途中の状態がわかるようにしています。
 マウス操作で画面上でフローチャートの部品を組み合わせることができ、 かつ各部品のプロパティ(式、条件、メッセージなど)を入力することで、 即実行できるシステムで、実行するとフローチャートに沿って部品の色 が変わり処理の様子がよくわかります。
 開発した言語は、MicroWorldEX(Logo言語)です。これを選んだ理由は、 開発が容易かったことと、プログラミングの段階で検証できたフローチャー トの部品ごとに、プロパティを参考に手順を記述し、メインの手順を作成す る手法でプログラミングが完了し、フローチャートに沿ったプログラムの表 現が可能であったからです。
 技術家庭科や情報Bの教科書では、情報処理の手順の例をフローチャート で表現していますが、フローチャートを読み解く力だけでなく、アルゴリズムを 自ら考え出す力の育成に、このシステムが役立つと考えています。
 MicroWorldEXがなくても、IEであれば無料のプラグインをインストールすることで、ブラウザ上で使うことができます。(ただし保存はできません)
詳しくは、アルゴリズム編「動くフローチャート」をご覧ください。



FD研修(コース10)タブレット端末対応版LMSの活用-授業支援システム「レクチャーエイド2」の紹介-

「ケータイを学習の道具に」とケータイ版のLMSを開発したと思ったら、情報技術の進歩は早く、それが定着するまえに、タブレット端末の登場で、いよいよ学習の道具としての活用が注目されています。しかし、活用するためのアプリケーションは十分ではありません。今回紹介するLMSは、学習の場面で必要な12のサブ機能を準備し、それぞれの先生の授業スタイルに柔軟に対応できるようにカスタマイズできます。

例えば次のようなことが実現できます。
・授業中に学習者の反応を知りたい。
・先生のプレゼンを学習者の手元で見せたい。
・様々な学習資料を学習者の意思で自由に見せたい。
・アンケートで意見や傾向を調べたい。
・相互評価をさせて共に学ばせたい。
・課題を提出させて添削したり相互評価させたい。
・グループ討議を充実させたい。
・ドリルによって自己学習を促進させたい。
・テストで到達度を測りたい。
・出席を短時間で取りたい。
・学習者全員、または個々に連絡をしたい。
・シナリオシートを使って授業をしたい。

 この「レクチャーエイド2」は、e-Learningシステムを手がけてきた日本アイビルソフト株式会社が開発したシステムで、ユーザ管理、科目管理、受講管理などを持つ本格的なLMSです。今回のセミナでは、このシステムの運用方法と各機能を紹介すると共に、効果的な活用方法を提案します。また、実際に半年間(一クラス分)無償で試用していただくことができます。

詳しくは、総合的な学習支援システム「レクチャーエイド2」をご覧ください。



一般研修(コース11)課外の個別学習で「数理社ドリル」を-リメディアル教育(基礎編)-

 研究所ではリメディアル教育を意図して、小学校・中学校の数学・理科・社会のドリル教材を開発しました。国語や英語は受験においても大切な科目として大事にされていますが、算数・数学や理科、社会は受験に関係なければ、見過ごされてしまっています。実はこの3科目にも、生きていくためには必要不可欠な基礎・基本が多く含まれています。しかし、大学生になって義務教育時代のドリルをする意味があるのか、本当に効果があるのだろうかと最初は少し不安になりながら開発を進めましたが、その中で私たちの思っていることが意味のあることだと、ますます確信するようになりました。
 学ぶということの意義や意味が理解できる時に、大学という新しい学びの場に新しい気持ちで進学する時に、今一度、義務教育で学んだことを振り返ることは、小学校・中学校時代の自分を客観的に見直すことになるとともに、学んできた意味を再確認できます。高等学校時代の学びは、大学進学や社会にでるための学びですが、義務教育での学びは、どんな分野に進もうとも、社会で生きていくための基本的な内容を学んでいます。
 忘れかけていたことを思い出したり、苦手だった分野を再確認したり、今の自分との接点を見出したり、子ども時代の自分を見つめなおしたり、様々な新しい発見があります。
 大学の授業の中で義務教育時代の9年間を振り返ることは現実に不可能ですが、このリメディアル教育(基礎編)数理社ドリルには、義務教育時代の9年間が凝縮されています。インターネットを介してタブレット端末でも利用できる課外の個別学習形式になっていますので、入学前の教育に、初年次の教育にご活用願えたらと思っています。また、教育学部などの先生を目指している学生さんのスタートとしても有意義だと考えています。なお、「リメディアル教育(専門編)高等学校化学」もあります。
 今回のセミナでは、このシステムをご紹介し、「大学生になって義務教育時代のドリルをする意味があるの?」ということも含めて、皆さまからご意見をいただければと思っています。また、このドリルは、日本アイビル社が開発した「レクチャーエイド2」のドリルシステムを利用しています。自作のドリルを使うこともできますので、このシステムのドリル問題登録から実施にいたる方法についても紹介します。

詳しくは、
リメディアル教育(基礎編)課外の個別学習で「数理社ドリル」
リメディアル教育(専門編)課外の個別学習で「高等学校化学ドリル」
をご覧ください。



一般研修(コース12)電子書籍の作成に挑戦

 情報社会では私たちは情報を消費するだけでなく自ら情報を発信することができます。その方法もホームページから、掲示板、ブログ、SNSなど多様な形態があります。最近になって電子書籍が話題になっていますが、出版された電子書籍を受け手として消費するだけでなく、自らの情報を発信する形態の一つとして注目すべきだと思っています。
 そのため、手軽に作れる電子書籍のオーサリングツール「Myいーぱぶ35」を開発しました。このシステムは、EPUB3形式のファイルの出力だけでなく、ブラウザで閲覧できるHTML5形式のファイルも出力します。また、完成された書籍だけでなく、内容を日々追加していくことができる追加型電子書籍を実現しました。 電子教材だけでなく、日記などの記録や写真アルバム、ポートフォリオ、今まで発信してきたブログなどの情報をまとめるなど利用範囲は無限にあるのではと思います。
 その全容を実習を交えて紹介します。iPadなどのタブレットをお持ちの方はご持参ください。

デモ版は、 ICT活用教育研究所 から、ID,PWともに demo01でログインして会員専用コンテンツ「Myいーぱぶ35」をお選びください。
あるいは、かんたん教材作成ツールから、「Myいーぱぶ35」(試用版)を選んでください。



一般研修(コース13)ブラウザ上で使えるカード型教材を作ろう

 ネット上にはいろんな教材が存在しています。タブレットなどの導入で、使えそうなものがないか探しておられる先生も多くなっています。でも、先生自作の教材は、目の前にいる子どもたちを意識したものになり、簡単なものであっても温もりがあり学習効果が高いものになることも多いです。
“すまあとページ”は、表紙ページ、写真ページ、説明ページ、質問ページ、分岐ページ、ヒントページなどテンプレートを利用して対話型でいろんなページを作って組み合わせて、写真アルバム、フラッシュカード、プレゼン資料、ドリル、絵本、パンフレットなどブラウザ上で使えるカード型の教材が作成できます。作った教材は、HTMLファイルとして手元に保存できます。
 今回の研修では、基本的な作成方法と、上手に作成するノウハウを実習をしながら説明します。また、簡単なHTMLを追加することで、音声や動画も組み込むことができますので、その方法も紹介します。
 詳しくは、かんたん教材作成ツールから、“すまあとページ”を選んでください。サンプルも掲載しています。

 このソフトは、Sahari、chrome、Firefox、IE10以上で稼動します。スマートフォンやiPadなどタブレット端末でも見ることができます。